強力な台風19号の状況

ニュース・社会

台風19号

かなり強力らしい日本に上陸予定の台風19号ですが、12日には沖縄、13日には吸収、14日には西日本、東日本を縦断するような動きとなりそうです。

西日本・東日本に近づくおそれ

気象庁によりますと、台風はその後進路を東寄りに変え、暴風域を伴ったまま西日本や東日本に近づくおそれがあります。このため、12日 の夕方から13日の夕方までの雨量は、いずれも多い所で、▽九州南部で300ミリから500ミリ、▽九州北部で300ミリから400ミリ、▽四国で200 ミリから300ミリ、▽近畿・東海が100ミリから200ミリ、▽沖縄・奄美、それに中国地方が100ミリから150ミリと予想されています。
沖縄本島地方では現在、満潮の時間を迎えている所もありますが、台風の接近に伴ってこれから潮位がさらに上昇する見込みで、浸水のおそれもあります。
気象庁は、暴風や高波、高潮、低い土地の浸水などに警戒するとともに、今後台風が近づく地域では、早めに対策を取るよう呼びかけています。

via 台風 沖縄・奄美で猛烈な風 警戒を NHKニュース

大雨と暴風で交通機関に確実に影響が出そうなので、皆様ご注意を。

タイトルとURLをコピーしました