口唇ヘルペスの原因と市販薬での治療法

健康

口唇ヘルペスの原因と市販薬での治療法

口のまわりが最初ピリピリし、その後に小さな水ぶくれとなるのが口唇ヘルペス。

原因は疲れによる免疫機能の低下

口唇ヘルペスの原因はヘルペスウイルスによるもので、日本では10人に1人が感染していると言われています。

ただし、普段は何もしないのですが、疲れなどによる疲労で免疫機能が低下すると、増殖して症状が起こります。

口唇ヘルペスになったら、体の疲れのサインなのでしっかり休みましょう。

口唇ヘルペスは市販薬でも治療可能

口唇ヘルペスは免疫機能の低下によって再発しやすい病気ですが、もし再発症した場合は市販薬でも治療が可能です。

口唇ヘルペスに効果あるのが抗ウイルス薬のアシクロビルで、この成分が入った治療薬は以下の3種類です。

【第1類医薬品】アクチビア軟膏 2g[ケンコーコム アクチビア

【第1類医薬品】アラセナS 2g[sato(サトウ製薬) 口中薬/ヘルペス/軟膏・クリーム]

【第1類医薬品】ヘルペシアクリーム 2g[大正製薬 ヘルペシア 口中薬/ヘルペス/軟膏・クリーム]

特に評判がいいのがアクチビア軟膏のようです。

また、ヘルペスでもこれらの薬は口唇ヘルペスのに効果があるのでそれ以外での使用は注意です。

口唇ヘルペスになったら早目に薬を使って悪化させないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました