アイドルユニット「青山☆聖ハチャメチャハイスクール」のメンバーと交際していたファンに損害賠償

芸能・アイドル

青山☆聖ハチャメチャハイスクール

ファンと交際したことが発覚し、脱退したアイドルユニット「青山☆聖ハチャメチャハイスクール」の元メンバーである結城美帆と美浦聖奈ですが、メンバー、親権者、交際相手のファンに損害賠償を請求していた模様。

8月に都内で行われたファンイベントで、プロデューサーが「重大な契約違反があった。2人はファンと交際していた」などと理由を説明し、相手の実名まで暴露した。その上で、運営会社が823万2400円の損害賠償を求める内容証明書をファンに送付していた。

文字通り、前代未聞の事態だが、プロデューサーは、日刊スポーツの取材に対し「2人の親権者は、『ファンと恋愛関係にならない』『職場放棄をしな い』などと書かれた契約書にサインしていた。メンバーやファン全員を裏切り、許されることではない」と話した。請求額については「2人は契約が1年残って いた。稼ぐはずだったであろう収益と、処分することになったグッズ、慰謝料などを含めた金額」と説明。提訴も含めた「今後の対応は検討中」としたが、ファ ン側も弁護士を雇う意思を見せている。

via アイドルと交際、ファンに損害賠償

ファンと事務所は別にそういった契約をしてないし、逆に実名を晒したりとかしてるし、どうなんでしょうね。

青山☆聖ハチャメチャハイスクールとは

2012年より放送開始したニコニコ動画公式チャンネルページ6008ch「しぶはら★ニコ生アイドルコレクション」のレギュラーパーソナリティ「アイコレガールズ」1期生7名にて結成されたアイドルグループ。CD予約券1,000枚を2ヵ月で完売するというミッションをクリアし、2012年8月18日、グループ名を「青山☆聖ハチャメチャハイスクール」としてデビューを果たす。

コンセプトはその名の通り”ハチャメチャ”で宇宙一ハチャメチャなグループを豪語する。愛称は「メチャハイ」ファンの事は「ティーチャー」と呼ぶ[1]。

結成時から目標は日本武道館でのライブとメジャーデビューを掲げ、現在都内ライブハウスを中心に活動中。 クオリティの高い楽曲と激しいパフォーマンスを武器に快進撃を続けポスト「ももクロ」と称される[要出典]。 メンバーのツイッターのフォロワーが10万人を越え出演するほとんどのイベントで集客動員数1位を記録[要出典]。 またデビュー1年のタイミングでリリースされた3rdシングル「サマーオブラブ」が10,000枚のセールスを達成し、オリコンインディーズランキングで1位を獲得。2014年3月に発売された4thシングル「Starting Over」は念願のオリコン総合ウィークリーチャート10位以内の7位を獲得[2]。 2014年には赤坂BLITZでの単独ワンマンライブも開催。

via 青山☆聖ハチャメチャハイスクール – Wikipedia

今回の騒動で今も頑張ってる「青山☆聖ハチャメチャハイスクール」の活動に変な影響が出ないといいですね。

サマーオブラブ

サマーオブラブ

タイトルとURLをコピーしました